BAUBIO Japan MISSION

「壁を塗ることで住環境と地球環境の改善に貢献する。」

自然素材を使った塗り壁は人にも地球にもやさしく、その良さが見直されています。

たとえば、私たちが室内の壁にご提案する柳川の貝灰漆喰は、地元有明海で採れた赤貝の殻を原料とした貝灰にスサ、銀杏草、水というとてもシンプルな自然の素材のみで作られています。たえず産まれてくる貝の殻という持続可能な資源を元に、地元で採れる材料を地元の建物に使うことで輸送にかかわる二酸化炭素の排出を抑えることにつながります。

左官が仕事をすることで、ビニールクロスが減り、サイディングが減ります。自然素材の漆喰はホルムアルデヒドなどの有害物質の心配もなく、調湿性により湿度が適度に保たれ心地よい空間になります。

私たち左官職人が壁を塗ることで住環境と地球環境の改善に貢献することにつながります。